Macでの圧縮ファイルの扱いは少し注意

Macから圧縮ファイルを送る時に相手がMacであれば右クリックでそのまま圧縮メニューを選択すれば問題ありません。僕もよく使っています。

右クリックでメニューを出して、圧縮を選ぶと簡単にzipファイルが生成可能。
圧縮

しかし相手がWindowsユーザーの場合、Macで作った圧縮ファイルをそのまま送るのはよくありません。

文字化けや必要ないファイルが入ってしまう

Macでそのまま作った圧縮ファイルをWindowsで解答すると、こんなファイルや、
01

ファイル名の文字化けが発生してしまいます。
03

それを防ぐためにおすすめの無料ソフトを紹介。

WinArchiver Lite

(有料のものもありますが、広告の有無だけで機能的には変わらないと思います)

このアプリで作成した圧縮ファイルはWindows環境で解凍をしても、文字化けや不要なファイルを生成することがありません。

使い方は簡単で、アプリを起動して、圧縮したいフォルダをドラッグ&ドロップするだけで、同じディレクトリにzipファイルが生成されます。さらに解凍時のパスワードを設定可能。

Windows利用のクライアントに圧縮ファイルを送信してしまい、恥をかかないようにMacユーザーはインストールしておいて損はないアプリだと思います。

WinArchiver Lite App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください