以前の記事で、Macでデフォルトで設定されているスクリーンショットの保存場所の変更を書きました。

【Mac】スクリーンショットの保存場所をデスクトップから変更する方法

今回はMacでスクリーンショットを撮影した場合にデフォルトでは「.png」形式で保存されてしまうものを、好きな形式で保存出来るようにする方法をご紹介します。




コマンド一発で変更可能

前回記事で紹介しているターミナルを起動するところまでは同じです。今回は実行するコマンドを変更するだけ。保存形式によって異なりますが、以下のコマンドをコピペしてください。

GIF

defaults write com.apple.screencapture type gif;killall SystemUIServer

PDFにも出来てしまう

defaults write com.apple.screencapture type pdf;killall SystemUIServer

JPG

defaults write com.apple.screencapture type jpg;killall SystemUIServer

PNG

defaults write com.apple.screencapture type png;killall SystemUIServer

あとがき

JPG、PNG以外の保存方法はあまり用途がないかもしれませんが、PDFとかは一々画像をPDFに保存し直す必要もなくなるので、地味に便利。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください