奈良県の山奥、天川村へ紅葉を観に行ってきました。




大台ケ原へいくつもりが途中で断念

朝6時前に自宅を出発、約3時間かけて大台ケ原へドライブのつもりでしたが、大台ケ原の混雑状況を出してるHPを見てみると、午前8時の段階で「1,800mの渋滞」の表示が…

さすがに朝から2Km近くの渋滞はテンション下がります。ということで途中の天川村へ方向転換をして、みたらい渓谷へ足を向けました。紅葉のベストシーズンまでは少し早かったものの、自然の滝を堪能して山道を散策したりと充分楽しめました。

みたらい渓谷の滝と紅葉

みたらい渓谷は遊歩道が整備されていて歩きやすいです。写真の階段を登っていきますが、道中は結構上り坂が多いので歩きやすい靴で行きましょう。

先ほどの階段を登ってすぐにある吊橋。迫力満点です。

吊橋から見える、いきなり登場する見事な滝。道中ずっと滝の轟音が響いています。

数日前の台風での雨の影響か水量は多め。

みたらい渓谷はとにかく水が綺麗なところでした。

中には色づき始めている木々もあります。

滝のしぶきでできた虹。

中央下にあるのが休憩所。休憩所とはいうものの自販機もなく、テーブル、椅子、トイレがあるだけの簡易な休憩所です。

みたらい渓谷へのアクセス

京奈和自動車道の「御所南IC」を出て、309号線を1時間程ひたすら南進します。途中対抗するのもままならないくらいの山道になりますが、気をつけて運転をしてください。紅葉のシーズンは混雑するので行くなら朝一(8時とか9時くらいに到着を目安)がオススメ。

みたらい渓谷にある休憩所の駐車場(1時間300円)も狭いので、路肩に停められてる方も多くいました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です