音楽の定額配信サービスはAppleが提供しているApple Musicを使っています。

Apple Music

しばらく個人メンバーシップ(月額980円)で使っていたのですが、妻の分も加入しようと思いファミリーメンバーシップ(月額1,480円)へアップグレードしてみました。iOS10からMusicのUIがガラリと変わってちょっとわかりにくかったので、備忘録も兼ねてメモ。

続きを読む

仕事でもプライベートでも、普段はGmailをブラウザでメインに使っています。Macではメールなどに書かれているメールアドレスのリンクをクリックすると、通常はそのままブラウザ上のGmailで新規メールが作成できるようになります。

続きを読む

iPhoneの画面録画は意外と簡単

プレゼンをしていて、iPhoneのデモ画面動画で見せながら説明していると、「あれ、どうやってるんですか?」とたまに聞かれることがあります。

昔はReflectorという有料のアプリを使ってましたが、実は今Macに標準搭載されているQuickTimeで簡単に出来るんです。
続きを読む

年末の大掃除、Macの容量を見なおしたり、不要なアプリを削除したりする機会も増えると思います。

Macの容量、その他を削除する方法では、以下の記事がよく読まれたりしていますが、今回はアプリを削除する際に、そのアプリの関連ファイルもまとめて削除出来るApp Cleanerをご紹介します。

http://www.moreitfun.com/2015/04/04/how-to-delete-other-strage/

続きを読む

PDFファイルの結合には少しコツがいる

Macに標準で装備されている「プレビュー」は非常に高機能で、単純な操作だけであれば動作の軽いプレビューで大抵のことは済ませてしまえます。

そんなプレビューに搭載されている機能で、複数のPDFを結合するというものがありますが、今回この結合に手こずってしまったので備忘録的に書いておきます。

続きを読む

Macでは「⌘+Shift+3」で画面全体のスクリーンショット、「⌘+Shift+4」で選択範囲のスクリーンショットを撮影することができます。

撮影されたスクリーンショットは、Windowsのようにクリップボードに保存されるのではなく、直接画像としてデスクトップに保存されます。

しかしスクリーンショットを撮りまくっていると、気付いたらデスクトップがスクリーンショット画像だらけ、ということもざらにあります。今回は撮影したスクリーンショットの保存先を簡単に変更する方法をご紹介。

続きを読む

コピペを効率的にするだけで作業が捗る

みなさんMacでコピー&ペーストをする時はどのように行ってますか?普通は⌘+Cでコピー、⌘+Vでペーストをしている方がほとんどだと思います。

今回は毎回キーボードをたたかなくても驚くほど簡単に、コピペができるMac専用のアプリをご紹介します。

続きを読む

Macでの圧縮ファイルの扱いは少し注意

Macから圧縮ファイルを送る時に相手がMacであれば右クリックでそのまま圧縮メニューを選択すれば問題ありません。僕もよく使っています。

右クリックでメニューを出して、圧縮を選ぶと簡単にzipファイルが生成可能。
圧縮

しかし相手がWindowsユーザーの場合、Macで作った圧縮ファイルをそのまま送るのはよくありません。

文字化けや必要ないファイルが入ってしまう

Macでそのまま作った圧縮ファイルをWindowsで解答すると、こんなファイルや、
01

ファイル名の文字化けが発生してしまいます。
03

それを防ぐためにおすすめの無料ソフトを紹介。

WinArchiver Lite

(有料のものもありますが、広告の有無だけで機能的には変わらないと思います)

このアプリで作成した圧縮ファイルはWindows環境で解凍をしても、文字化けや不要なファイルを生成することがありません。

使い方は簡単で、アプリを起動して、圧縮したいフォルダをドラッグ&ドロップするだけで、同じディレクトリにzipファイルが生成されます。さらに解凍時のパスワードを設定可能。

Windows利用のクライアントに圧縮ファイルを送信してしまい、恥をかかないようにMacユーザーはインストールしておいて損はないアプリだと思います。

WinArchiver Lite App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料