vaio
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

photo credit: Sree_ via photopin cc

ソニーの今期は2年ぶり最終赤字に、パソコン撤退・テレビ分社化へ

パソコン事業からの撤退とテレビの分社化

ソニーがパソコン事業からの撤退と、テレビ事業の分社化を発表しました。中学の頃からソニーの製品が大好きで、家電(特にオーディオ関係)は比較的ソニーの製品を買っていました。

中学1年の時に親にお金を前借りして買ったソニーのコンポーネントシステムが初めての出会いで、当時の自分にはもったいないくらいスペックが高いスピーカーとか揃えてた気がします。

MDの全盛期、CDやテレビなどひと通りの家電は揃えてたかな。いつからだろう、ソニーの製品にワクワクしなくなったのは…

保険や金融で稼ぐことが出来てしまって満足したのか、かつての技術のソニーに見れていた製品に対する情熱が全く感じることができなくなり、段々と離れていってしまいました。

誰から見ても明らかなテレビのオワコン化

テレビの販売台数推移
4Kテレビ、2013年の販売台数は3万台に!認知度あるが価格とサイズがネック

テレビの販売台数は年々下がってきており、もう先が無いのは誰の目から見ても明らかです。4Kテレビなんて誰が買うのか分かりませんが、コンテンツが揃わないと普及は難しいだろうなぁと思います。NHKは8Kテレビも考えてるみたいだし。

テレビ事業ももっと早く海外のメーカーに売ってしまえばよかったのにな、と思います。

技術のソニーの原点に帰って、画期的なデバイス(特に今後のモバイルデバイス)を開発し、世界を引っ張るメーカーになって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です