dockposition
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段の母艦としてのMacはMacBook Proを使っていますが、仕事で外に出る際はProの約2キロになる重さとともに移動は結構しんどいです。

なので外に出る時に使うために、MacBook Airの11インチも所有しています。

使っていて特に不満はありません。MacBook Airのレビューなんて他にたくさん書かれているので、

【徹底比較】MacBook Air 11インチ と 13インチ で迷っている人向け まとめ

敢えてここでは書きません。一言で言うと、「薄くて軽くて早い」のでオススメです。動画とか写真の編集のようなパワーを使う作業には向いてないけれど、Webのブラウジングやメールの処理、文書作ったりする程度なら絶対MacBook Airの方がいいです。

11インチと13インチのディスプレイ

しかし普段13インチで作業をしていて、いざ11インチに切り替えた時に、ディスプレイサイズの違和感はものすごくあります。

displaysize

Appleの公式サイトにもあるように、
11インチディスプレイサイズ・・・1366×768ピクセル
13インチディスプレイサイズ・・・1280×800ピクセル
縦横のピクセル数が違います。

例えばYahoo!JAPANのトップページを11インチのMacBook Air(上)と13インチのMacBook Pro(下)で見た時には

Screenshot11

Screenshot13

横幅の違いはそこまで気にはなりませんが、縦方向の幅の広さは作業スペースが比較的小さくなってしうので、13インチよりは同時に入ってくる情報量に差が生まれます。

Dockを右に置くべき理由

通常MacのDockは下に配置されています。

Desktop

しかし画面の下のスペースをDockとして使ってしまうと、小さい11インチの画面がさらに小さくなってしまうので、思い切ってDockを画面の右端へ移動します。

<システム環境設定>→<Dock>と進み、「画面上の位置」で右を選択します。

Dock

OS Xのデスクトップではファイルのアイコンが基本的に右側に並ぶため、Dockを右に配置しておけば、アイコンからのアプリ起動や、ゴミ箱へのドラッグ・アンド・ドロップ作業も移動距離が短くなり効率化することができます。

終わりに

僕は13インチをメインで使っていますが、Dockは右側に配置しています。少しでも作業スペースを確保して効率的に仕事ができるようこれからも心がけていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です