大沢さんが14年ぶりに再始動したMONDO GROSSOの新しいアルバム、「何度でも新しく生まれる」

プレリリースで満島ひかりヴォーカルの「ラビリンス」、birdヴォーカルの「TIME」、齋藤飛鳥ヴォーカルの「惑星タントラ」と1曲1曲は聴いてましたが、アルバム1枚を通しで聴いてみて、改めてその良さ、というか世界観というものが感じれました。

何度もここに書いていますが、たぶんMONDO GROSSOというバンドが無ければ僕の触れる音楽の幅はとても狭くなっていたと思います。初期のacid jazzやR&B、HOUSEをMONDO GROSSOで出会えたことは幸せだったし、そういった意味で音楽にどっぷり興味を持たせてくれた大沢さんには(勝手に)感謝です。

FUJI ROCKにも出演されるみたいなので、どんなステージになるのか楽しみです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です