滋賀から京都の縦貫道を抜け、兵庫県へ久しぶりのロングドライブ。

「但馬コースタルロード」では中々詳しい情報が出てこないので、車のナビは城崎マリンワールドに設定。そこから山沿いに車を走らせ北へ進むと、絶景に次ぐ絶景がひろがっていました。

但馬コースタルロード
クリックで大きい画像

右下に見えるのは城崎マリンワールド。(写真でこの景色の良さが伝えられないのがもどかしい)

もともと城崎町から香住町へ抜ける有料の海岸道路(但馬海岸道路)だったものを、20年ほど前に無料解放されたみたいです。

この道路は山陰海岸ジオパークの一部になっており、特にマリンワールドから竹野海岸までの断崖絶壁道路は言葉を失うくらいの迫力。唯一残念なのは、駐車スペースが殆どないので車を降りてじっくりと景色を堪能できない所。

「よくこんなところに道作ったな」というようなところですが、そこがまたドライブ好きの心を震わせます。

但馬コースタルロード
クリックで大きい画像

但馬コースタルロード
クリックで大きい画像

写真でこの景色の良さがry

但馬コースタルロード
クリックで大きい画像

竹野町に入ると海水浴も出来る海岸や、のどかな漁村の風景を見ることができます。猫先半島では海水の浸食作用でできた窪み(ポットホール)があり、不思議な景色も楽しめるので、車を降りて観光しても◎。

たけの観光協会

香住町に到着して、見つけた海鮮丼(このボリュームで1,100円)

海鮮丼
クリックで大きい画像
かに道場 食べログ

そしてせっかく近くまで来たのでということで余部鉄橋(もう鉄橋でも何でもないけど)に寄ってみた。鉄橋は残されていたものの、残念なくらい現代風に立て替えられてて風情のかけらもなかったです。

上から見た日本海の景色はキレイでした。

余部鉄橋

今回のドライブコースはこちら。

何回も言いますが、写真では伝わり切れません。但馬コースタルロードの景色は晴れた日には是非ドライブしてほしいコースです。京都や大阪からの都市部からは時間かかりますが、車を走らせるだけの価値はあると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください