lost+found 01

またまたMacのストレージを圧迫するファイルを削除するネタです。(容量が減るとすぐに気になってしまうタイプ…)

気付いたらすぐ数GB単位でストレージが減ってしまっているMacですが、今回はlost+foundを削除してみたいと思います。




「削除する」と言ったものの、「Macintosh HD>lost+found」に入っている「iNode●●●●●●●●(●は数字)」ファイルをゴミ箱に入れるだけです。

lost+found

とりあえず、中身に何が入ってるか分からずに削除するのも気持ち悪いので、確認してみます。

$ ls -la /lost+found
total 10087448
drwxrwxrwt   4 root              wheel         136  5 15 09:48 .
drwxr-xr-x  35 root              wheel        1258  5 15 09:09 ..
-rw-r--r--@  1 MyMac             wheel        6148  5 15 09:48 .DS_Store
-rw-r--r--   1 root              wheel  5164763151 10 17  2014 iNode32972434

一番下にある、iNode32972434のファイルサイズを確認すると…
5164763151byte = 約4.8GB

ストレージが250GBちょっとの僕のMacにとっては、例え5GB弱でも貴重な容量です。なのでlost+foundは無視できません。
fileコマンドでファイルの種類を確認してみる。

$ file /lost+found/iNode*
/lost+found/iNode32972434: xar archive - version 1

どうやらxarの圧縮ファイルのようなので、中身を確認してみます。

$ xar -t -f /lost+found/iNode32972434
Distribution
InstallMacOSX.pkg
InstallMacOSX.pkg/Bom
InstallMacOSX.pkg/Payload
InstallMacOSX.pkg/Scripts
InstallMacOSX.pkg/PackageInfo
InstallMacOSX.pkg/InstallESD.dmg
Resources
Resources/ar.lproj
Resources/ar.lproj/Localizable.strings
以下略

中身はOSXのインストールをした時に使ったファイルや、色んな国に対応させるためのローカライズ系のファイルみたいです。どちらも必要なさそうだったので、安心して削除してみました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください